日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
英語もいいけど
20060327221510
韓国語もね!

いやまぁ韓国語を必修にしろってコトが言いたかったわけじゃないんですが。
英語もいいけど、日本の場合、その前に国語じゃない?
って思うんです。

現在の中卒レベルの英語力があれば、あとは半年ほど英語圏にいたらペラペーラになれます。多分。

日本語を正しく身につけていないまま英語を小学校でやるってのもねぇ。

私自身が韓国語を深く勉強し、教えるようにもなって改めて感じたのは、『やっぱりことばは文化!』ってコトでした。
他文化知る前に、自文化ですよ。日本語を正しく使えないままオトナになる人が多い中、英語をごり押しするのが、日本にとっていいコトかな?

子どもがまず自分達のことば(文化)を正しく学ぶ環境は、キチンと保証すべきです。

そんでもって、在日コリアン(韓国人・朝鮮人)がコリアン(韓国語・朝鮮語)を学ぶ環境も、もっと充実していったらいいなぁ。なんて思いマス。
ペラペーラまでいかなくても、すべての在日コリアンの子どもが韓国語の基礎を学ぶ場があり、もっと極めてみたいと思ったら留学するなりさらに深く勉強するなり。
そういう下地はあってもいいはずです。

まぁ自分が今こうして韓国語教室の講師やってるのも、そんな思いがあるからこそ、なのかなー。
スポンサーサイト
ハングル検定、結果は…
20051223171509
合格ですが、得点がいまいち。試験を甘く見てました。試験対策はキチンとやりましょう。

とはいえ無事受かってちょっとホッとしました。通過点ということでまたがんばろうっと。

一緒に受けた受講生さんも4級に無事受かりました。축하해요!
ハングル検定、採点してみると・・・
ハングル検定の準2級をこないだの日曜に受けてきたのですが、解答速報を見つけたので採点してみました。ただ、正確な配点がわからないため、前回(第24回)と同じと仮定して点を付けてみたところ・・・

なんと!
[ハングル検定、採点してみると・・・]の続きを読む
ハングル検定受けて来ました。
20051121003327
『ハングル』検定を受けて来ました
結果のほうは、まあ『よくできた』 とだけいっときます。多分合格している・・・だろうとは思いますが。
実を言うとこれが初めてのハングル検定なので、人に教えている割にはそんなに上の級じゃありませんけどね。

今回は、講師も受講生も受けられる人が受けたんですが、皆がよい結果が出ることを願っていま~す。

力試しの意味で受けてみたのですが、やってみるもんです。自分がどれほどの力量があるかを公正に計ることができたとおもいます。1級を受けた人の話を聞いたのですが、んまあやはりレベル高いですね。いずれはそこまでたどりつけるようになるといいですけど。
ベルサッサはスパッと切れ!(謎
ベルサッサって知ってますか?

もはや死語と化している(というか、私も最近まで知りませんでした)ことばですが、
 
ベルが鳴ったらサッサと帰る

ということらしいです。要は終業時間になったらすぐに帰る行為のことを指して言うことばです。人(地方?)によっては、『ベルサッ』あるいは『ベルサ』と略されることもあるようです。

最近人から教わったのですが、この『ベルサッサ』にあたる韓国語があるそうです。それが

칼퇴근(カルテグン)

칼(カル)というのは刀・ナイフ・包丁などの『刃物』、퇴근(テグン)はそのまま『退勤』という意味です。刃物でスパッ!と切るように時間が来たらスパッ!と帰るんだそうで。

ちなみに私は、1週間の大半を칼퇴근してます。ホントにサラリーマンか?いやいや、これぞ本来あるべき姿ってもんです。(と自己フォロー…)

※さいきんサボり気味で申し訳ないです。 細々とやっていきますのでよろしくです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。