日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
イゴ パッチギヤ!(これが『パッチギ』じゃ!)
さて、水曜日ですね。水曜日は韓青ではウリマル(韓国語)教室というのをやってます。参加・見学希望の方はこちらへどうぞ。

で、水曜日は(今のところ)映画です。
「おいおい毎週映画紹介するほどのネタあるんかい?持って3ヶ月くらいだろ」
との疑惑もありますが、
ネタはあるんです!韓国映画毎週1本ずつ出しても2年続ける位のストックはあるんですって!
と自分で自分を奮い立たせている次第です。
皆さん、こんな20代男性ですがヨロシク。

映画紹介なんですが、映画の魅力を伝える範囲内での最小限度のネタバレOKでいきます。それと、紹介するからには観てほしい!ジブロ見て映画観たらコメント欲しい!ので、今現在見るのが困難なものではなく、映画館やレンタルで見ることができるものから出していきます。

pacchigi3s.jpg

さて、第1回目の映画紹介は・・・
パッチギ!です。
これは正確には日本でつくられたれっきとした日本映画ですが、コリアに関係するものなら何でも扱っていきますので、日・韓・朝・その他映画何でも紹介します。

日本学校と朝鮮学校の高校生たちが繰り広げる、交流と友情と恋の物語です。
日本の高校生が、朝鮮学校にサッカーの親善試合を申し込みに行ったところ、音楽室から曲が聞こえてくる。つられていってみるとこれまたどえりゃーべっぴんさん(笑)がフルート吹いてるじゃありませんか。
ケンカシーンが多く、うぁっ!という場面もありましたが、なぜだか見終わったらさわやかな気持ちでした。

60年代という時代背景もありますが、実際に衝突が多かった時期だったようで、神奈川ではその中で朝鮮学校の学生が命を落としてしまうという事件もあり、実際当時に激しい対立を目の当たりにしてきた人は多いようです。
また「イムジン河」の使い方も泣かせますね。イムジン河って朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)で作られた曲ですが、作詞者は何と国歌を作詞した方なんだそうです。つまり、とても由緒正しい曲でもあるわけです。
曲の紹介は改めて後日ってことでいきます。

印象に残ったのは、お葬式のシーンです。在日韓国人のハラボジ(おじいさん)が日本人の若者(主人公)に「お前たちに何が分かるんだ!帰ってくれ!」と言い寄り、場が険悪な空気になる。それでも若者は、伝えたい気持ちと伝えきれない思いの狭間で葛藤し、すぐ帰ろうとはせず座り込んだまま硬直する。
ハラボジにきつく言われたこと、そのハラボジの思いを受け止めきれない自分に腹が立ち、帰り道に大事なギターに当たってしまう。

このシーンを見ていて、あることを思い出しました。

以前、在日1世のハルモニ(おばあちゃん)宅を訪問したことがありました。そのハルモニは私が在日3世だということを知ると安心したようで、終始日本人と日本政府の悪口ばかりを言っていました。
きっと、自分の話を真剣に聞いてくれる孫のような若者が現れたから、いろいろなことを伝えたかったのでしょう。
貴重なお話をしてもらったという気持ちと、はたして自分はすべてを受け止めることができるのか?という重い気持ちを引きずりながら帰った記憶があります。

弱肉強食の大戦争時代に、さまざまな「やむなき理由」によって日本に渡らざるをえなかった、もしくは無理やりつれてこられた人たちの思いは、戦争を知らず、また戦争の悲惨さを正しく教わらずに育った世代にとって、すんなりとは受け入れにくいものかもしれません。
ですがそれは決して傍観するだけでなく、当事者として受け止めていきたい。そう感じながらも答えを見出せず葛藤するカンゲ(主人公)のように、自分も考え続けていくつもりです。

曲の想いを感じ取りながら観るもよし、当時を懐かしみながら観るもよし、キョンジャに惚れるもよし。
60年代後半という、当時の歴史的・政治的な背景を豆知識として知っていればより楽しめますが、そうでなくても全然OK、または観る前後にネットでチョロっと調べてみるってのも面白みが出てくるかもしれません。

まだギリギリ上映している所もあるみたいなので、まだ見ていない人もよかったらどうぞ。
おもしろいよ。

pacchigi2.jpg


---------------------------
追加情報です。
「パッチギ!」のDVD、2005年7月29日発売が決定しました。
見逃した方はどうぞ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。