日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「強者」と「弱者」。
世の中には、強者(きょうしゃ)がいます。
そして、弱者(じゃくしゃ)がいます。
「世界がもし100人の村だったら」風に言うと、100人のうち強者は2人、弱者は98人、くらいになるでしょうか。

強者は、偉そうにして自身の存在意義を見つけたり、弱者を攻撃することで何かしらの利益を得ようとします。
強者は、強い人たちに体も心も財産も奪われながら、のびのびと暮らすことが出来ずにいます。そして弱者のほとんどは、自分が強者から多くのものを奪われているということに気づけず、知らされずに過ごしています。

強者は、弱者がいるからこそ現状を維持できます。弱者をメシの種にしているからです。
弱者は、強者がいないと生活を維持できないわけではありません。むしろいないほうが生活しやすいかもしれません。

[「強者」と「弱者」。]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。