日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
心打たれる歌に出逢ったこと、ありますか。
0050s.jpg
心打たれる歌に出逢ったこと、ありますか。

ノリのいい曲、元気になれる曲はきっと誰にでもあると思いますが、それだけにとどまらない、感動する曲、思わず涙が流れてしまうような心ふるえる曲です。

私には、あります。

近日中に紹介する、韓国の「民衆歌謡」というジャンルの中にもいくつかあるのですが、まずはこれを。

サイモンとガーファンクル(Simon&Garfunkel)の、

He was my brother

(彼は私の兄だった)


という曲です。アメリカの人で、1970年前後にもっとも活躍した二人組です。日本でも、
The Sound of Silence(サウンド・オブ・サイレンス)
Bridge over troubled water(明日にかける橋)
Hazy shade of winter(冬の散歩道)
あたりは有名かもしれません。

ちょっと長くなりますが、伝えたいことがより分かってもらえると思うので、歌詞を紹介します。

[心打たれる歌に出逢ったこと、ありますか。]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。