日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
いろんな「暴力」の集大成です -血と骨-
0163s.jpg血と骨

若くして朝鮮から日本に渡ってきた、在日朝鮮人一世の一代記です。彼のことを激しく軽蔑し、そして畏怖する息子の視点から語られています。

ビートたけしが、主人公の金俊平を熱演(好演かどうかは見る人によると思いますが)しています。
とにかく暴力だらけ。
拳の暴力、お金の暴力、性の暴力。
崔洋一監督の演出もあるんでしょうが、とにかく「負」の部分を徹底的に見せつけられます。
[いろんな「暴力」の集大成です -血と骨-]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。