日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
キムチ採点⑤:難しいキムチ。
そこそこおいしいキムチ。
第1回目に続き、職安通りモノです。今回は、『韓国広場』というお店で買いました。
韓国系の食材が多いのは当たり前、しまいにはレジのお姉ちゃんまで韓国語で接客してくるという本格派スーパーマーケッツです。

カット済のものが、1kgで840円。お得ですね。
その代わり袋詰めなので、別途容器が必要です。私は梅干の容器を無理やりあけて用意しました。

最初は、うーんなんかイマイチだなぁ?といった感じ。白菜の味がなんとなく不自然な気がするなー。
と思っていたところ、あまり食べないまま10日ほど冷蔵庫で寝かしておいたら、ちゃんとキムチ味になっていました。
漬かり方が浅かったようです。そういや作られてからそんなに日がたっていなかったかも。

今はそこそこ美味しく食べられるのですが、熟成してきてちょっとすっぱくなってきちゃいました。
どちらかというとやや浅漬かりのほうが好きで、すっぱいのはあまり好みじゃないので、
『浅い時はイマイチ、しっかり漬かるとまずまずだけどすっぱい。』
てなカンジのこいつは、個人的には食べ頃を見極めるのがちょっと難しいキムチかも。

そもそも1kgもあると、一番おいしい食べ頃の時期に全部食べきるのは無理ッス。

66点!
採点は相変わらず厳し目です。でもおいしいよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。