日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
韓国企業オソオセヨ(いらっしゃい)。
会計事務所で仕事してます。
商売柄、いわゆる在日コリアン系企業もそうですが、韓国から日本にビジネスをしにやって来た、純粋?韓国系企業のお客さんもいます。

そのうちのとある一社。
最近お客さんになった会社のおはなしです。
「本社に資料を送りたいので至急作ってほしい」と決算期のこの忙しい時期に言われ、資料を受け取り、さてどうしたものかと資料をパラパラと見ていました。

前の決算は税理士さん(日本人)のところでやってもらったようなんですが・・・
仕事がむちゃ雑。本来のせるべきモノが貸借対照表(※その会社の資産、負債などが書かれた資料)にのってない。かなり仕事を端折ってます。
この仕事を始めて2年ちょいの自分に気づくことですから、前の税理士さんは「意図的」にやるべき作業を省略しています。確信犯です。
「決算書さえ作ればいいんだろ、ケッ」みないな雰囲気が総勘定元帳(※その会社の1年間のすべての取引が記載された帳簿)を見てもビシビシ伝わってきて、引き継いだ側としてはちょっとやるせないッス。

しかも、明らかに相場以上の値段取られてます。
うちの事務所は安くも高くもないとは思うが、半分くらいになるんじゃないかと。

なんでそうなったのか。
・右も左もわからない韓国人が、相場以上の金額を言われるままに払った
・その税理士さんが手抜きのボッタクリ
・資料では出てこない何かにものすごく時間をとられたので高くなった
(考えにくいなぁ…)
全部そうかもしれない、でも全部あてはまらないかもしれない。

結局邪推でしかないんですが、なんだか日本に進出してきた韓国企業が足下見られているようで納得がいかず、ささやかな抵抗?でその日終電まで作業し、翌日には気合で仕上げました。
職場のそばに引っ越したので、終電まで働いても帰るのがラクです(涙

まぁ、どこの国の企業でも外国に進出したら最初はボッタクられたり手抜きされたり足下見られたり、同じような目にあうんでしょうけど。

そんな迷える韓国企業の手助けが少しでもできたらいいですねー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ジブロさんの役割なのかもしれませんね
気合で仕上げたあたり、
以前お会いしたときの印象と
ブログの雰囲気から
やはりしっかりした方だなと思いました。
私も私の役割を果たせるよう
しっかりしていきたいです。
2007/05/20(日) 22:15:30 | URL | みずほ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。