日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
優しい気持ちになります。-おばあちゃんの家(チブロ)-
0029s.jpeg
おばあちゃんの家
韓国題:チブロ(家へ・・・)

※DVDをレンタルして見ました。

『7歳の悪ガキ、とんでもなく年上の女性との耳?が聞こえない同居が始まる・・・』ってキャッチコピー。
微妙です。
生粋の都会っ子が、お母さん(お父さんはいないのかな・・・)に連れられていなかのおばあちゃん家にしばらく預けられることに。

おばあちゃんの作ってくれた料理には見向きもせず、持ってきた缶詰しか食べなかったり、家の中でインラインスケートやってみたり、おばあちゃんの髪止め(銀製?)を売ろうとしたり、そりゃもうやりたい放題。
でもおばあちゃんは、そんな孫をすべて受け止めようとします。でもケンタッキーフライドチキンが食べたいという要求に、鶏一羽買ってきて、絞めて蒸し鶏作ってしまったり、髪を切ってあげたのはいいけどものすごくナイスヘアー(笑)に仕上げてしまったり。
言葉が話せないハルモニの、孫に対する無制限・無尽蔵の愛情がほほえましく、涙も誘います。

0031s.jpg0030s.jpg

このおばあちゃん、私は本当にしゃべれないのだとばっかり思っていましたが、メイキングの映像で楽しそうにおしゃべりしているのを見て、ノッポさんが「できるかな」の最終回でしゃべっている(しかもとてもおだやかな声!)のを見てしまったのと同じ位の衝撃を受けました。

私が「おばあちゃん」という存在に対して何となく持っている印象。
日本のおばあちゃん・・・やさしそう。
韓国のおばあちゃん・・・やさしそう。
在日韓国人のおばあちゃん・・・やさしそうなんだけど強そう。

・・・あれ?在日のハルモニ(おばあちゃん)の「強そう」って何だ?

私が在日コリアンの一世のハルモニを思い浮かべると、やさしさもありますがそれよりも強さ、たくましさが先行します。
異国の地にやって来て、終戦後も日本に残り差別的な目の中で働き、子を産み育て生活するには、たくましくないととても暮らしていけなかったのかもしれません。
年を取ってもエネルギッシュでおしゃべりで、我の強い人が多い気がするのは、ハルモニたちがどんな思いで半生を生きてきたか、どんな歴史を背負ってきているのか、そういったものが感じられるからなんだと思います。

私のハルモニも、とても優しい人です。
下関にいるので、一緒には住んでいません。
6年前にバイクで一人旅をしていた時に寄った時のことです。その時に牛のしっぽのスープ(テールスープ、コムタン)を出してくれたのですが、これがまたおいしいんです。母もたまに作りますし、さっぱりしていておいしいのですが、ハルモニの味にはかないません。
「おいしい、おいしい」と言って食べていたら、それ以来わざわざスープを袋で何重にも包んで宅急便で送ってくれるようになりました。
「いいよおばあちゃん、作るの大変でしょ!」と言っても、
「あのとき『おいしいおいしい』ゆうて食べてくれたのがうれしくてねえ、作ってあげたいんよ」
スープの肉は、充分に煮込まれていてグズグズになっています。きっと火をかけていた時間は一晩どころではないでしょう。

対馬で有名な海女さんだったというハルモニ。
何かと韓国のりやキムチを送ってきてくれるハルモニ。
今でも雑貨屋を一人で切り盛りしているハルモニ。
電話に出ると必ず「ゴハンは食べたの?」と聞いてくるハルモニ。
0032s.jpg
面と向かって言うのは恥ずかしいけど、大好きです。

記事が面白かった、参考になったという人はクリック(ランキング投票)をお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うん。優しい気持ちになったなぁ。もう、十年以上前になくなった私の曾おばあちゃんがこのハルモニの雰囲気に似てた。済州島に暮らしてたし、韓国語でしか話せなかったから似た感じだったかもね。会話できたら良かったな。
2005/04/19(火) 10:57:53 | URL | おっちゃん #-[ 編集]
ひいおばあちゃん
私のひいおばあちゃんは、私が小さい頃済州島に行った時はご健在でした。訪ねてから数年後に亡くなりましたが、今だったら行っていろんなことを聞いてみたいですね。
ただ済州島はなまりがすごい(ソウル出身の親戚が「済州島の伯母とは電話で会話がなかなか通じない」って言ってました)ですから、標準語覚えたところで話が通じるかは不明ですけど。
2005/04/19(火) 13:17:20 | URL | ZYZY #GzvTJWb.[ 編集]
本当に講師?
韓国版のあのキャッチコピー・・・韓国語が出来ないと理解しにくいのかな?
個人的にあのキャッチコピー、微妙じゃなくてとてもうまいと思いました。
2005/07/04(月) 01:49:36 | URL | ふむふむ #-[ 編集]
講師やってますが
コメントありがとうございます。私もうまいと思っています。

「本当に講師?」というのは、日本語訳を指しているのでしょうか。正直なところ、『귀(?)막힌』のニュアンスをどうとるかの自信はそんなにありません。よろしければご指摘ください。

それとも「微妙です」と書いたことが「韓国語を正しく理解していないからキャッチコピーのうまさが分からない⇒本当に講師?」と感じたからでしょうか?「微妙です」としたのは、はっきりいって意味はありません。ただ初めて見た時に面白いキャッチコピーだなと感じたし、今もそう思っているのは確かです。
2005/07/04(月) 02:34:23 | URL | ZYZY #GzvTJWb.[ 編集]
強くて優しいおばあちゃんてすてきですね。
面と向かって言われなくても
大好きだと思われているおばあちゃんは幸せですね。
思いって伝わるのでしょうね。
2006/01/10(火) 23:30:20 | URL | 瑞穂 #KgDo1ClA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
タイトル: おばあちゃんの家  「第19回モスクワ国際青少年映画祭」グランプリなど、数々の映画賞を受賞した、心温まる映画です。日本では岩波ホール創立35周年記念作品として上映されました。 映画は、おばあちゃんの孫に対する無上の愛と、クソ生意気な少年(おばあ
2005/05/07(土) 12:52:08 | ある在日コリアンの位牌
THE WAY HOME(2002/韓国)【監督】イ・ジョンヒャン【出演】キム・ウルブン/ユ・スンホ/ミン・ギョンフン都会しか知らない生意気な子供と、田舎に住む話すことも読み書きもできないおばあちゃんの、淡々とした日々を綴った作品。いやぁ、久々に映画を観てボロボロ泣きまし
2005/05/17(火) 11:54:35 | 愛すべき映画たち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。