日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
男塾でした。
0038s.jpg私が毎週水曜日に講師をしている、韓青の韓国語教室のおはなしです。
といっても、授業のあとのことです。

普段は授業が終わった後、おつまみと飲み物を買ってきて教室で交流会をしたり、外に出てごはんを食べながら一杯やったり・・・って要は飲む(お酒が苦手な人はソフトドリンクで)ことがよくあります。
この日は、外に出ることになり、中華料理店に向かいました。

このあいだの水曜日は、女性陣がちょうど全員お休みになってしまったので、男性のみでした。男塾です。
(って男塾を知らない人は上のリンクをたどってもムダです・・・)

韓青の韓国語教室には、いろいろな人が集まります。韓国籍の人、朝鮮籍の人、日本籍の人。両親の片方が日本人の人。仕事でも本名で働いている人。もともと通名(日本名)を持っていない、本名だけの人。朝鮮学校を卒業した人。家が焼肉屋さんの人。

いろんな話をしましたが、その中で「自分が韓国人だということをイヤでも意識させられた時」というような話がありました。ちなみに私の場合は、外登証(外国人登録証明書)を作るために市役所に行ったとき、それと高校の時の社会の授業でした。この話は長くなるので、気が向いた時にでも書きたいと思います。

いろいろな体験をしてきている中で、それでも強く生きている、自分らしさを持っている講師仲間や受講生のみんなが、なんだか頼もしく感じられたひとときでした。

同性同士の話って、面白いですね。女性のみなさんもわかると思いますが、同性ならではの話もできるし、同性だからこそ掘り下げて話がしやすかったり。決して恋愛関連の話に限ったことではありませんよ。

深い話はオフレコってことで公開しませんが、いろいろ話をしているうちに、あることに気がつきました。なんとこの日の参加者全員恋人がいない・・・アイゴー(笑
みんな!ことばの習得もそうだけど、そっち方面もがんぼろうね(含む自分)。

記事が面白かった!という人はクリック(ランキング投票)をお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。