日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
心打たれる歌に出逢ったこと、ありますか。
0050s.jpg
心打たれる歌に出逢ったこと、ありますか。

ノリのいい曲、元気になれる曲はきっと誰にでもあると思いますが、それだけにとどまらない、感動する曲、思わず涙が流れてしまうような心ふるえる曲です。

私には、あります。

近日中に紹介する、韓国の「民衆歌謡」というジャンルの中にもいくつかあるのですが、まずはこれを。

サイモンとガーファンクル(Simon&Garfunkel)の、

He was my brother

(彼は私の兄だった)


という曲です。アメリカの人で、1970年前後にもっとも活躍した二人組です。日本でも、
The Sound of Silence(サウンド・オブ・サイレンス)
Bridge over troubled water(明日にかける橋)
Hazy shade of winter(冬の散歩道)
あたりは有名かもしれません。

ちょっと長くなりますが、伝えたいことがより分かってもらえると思うので、歌詞を紹介します。

He was my brother
彼は私の兄だった
Five years older than I
私より5歳年上で
He was my brother
彼は私の兄だった
Twenty-three years old the day he died
死んだのは 23歳の時だった

Freedom rider,
自由人よ
They cursed my brother to his face
彼らは兄の顔を見て呪うように言った
Go home outsider
よそ者は去れ
This town's gonna be your buring place
でないとここがお前の墓場になるぞ

He was singing on his knees
兄はヒザを打ち鳴らしリズムをとっていた
An angry mob trailed along
怒った連中が彼を引きずり出し
They shut my brother dead
撃ち殺してしまった
Because he hated what was wrong
彼が曲がったことが大嫌いだったばっかりに

He was my brother
彼は私の兄だった
Tears can't bring him back to me
涙を流しても 彼は連れ戻せない
He, he was my brother
彼は 彼は私の兄だった
And he died so his brothers could be free
彼が世を去ることで 弟たちは自由になれた
He died so his brothers could be free
彼が世を去ることで 弟たちは自由になれた

覚えている歌詞を書いたので間違いがあるかも、日本語は今適当に訳しました。

この曲を聴いた時、最初はハーレーか何かでアメリカ大陸を横断しているシーンを思い浮かべていました。買ったCDでは、2番の「Freedom rider」『自由人』と訳されていたからです。
そして、よそ者だからといって排除しようとする連中に納得がいかず居座っていたら、気の立った連中に殺されてしまった。
そんなストーリーだと思っていました。

でも、疑問がありました。
なぜ「彼が世を去ることで 弟たちは自由になれた」んでしょうか。
厄介者の兄がいなくなって清々する弟たち。そんな構図は、歌詞と曲調からはまったく感じられません。
この疑問はしばらく持ち続けていたのですが、それが解消されたのは、5年位後にキング牧師の本を読んでいたときでした。

0049s.jpg

マーティン・ルーサー・キング牧師は、アメリカで黒人解放運動をしていた人で、最後は暴徒の手によって命を落としてしまいました。キング牧師は、暴力は新たな暴力を生むだけだとの考えの下、あくまで非暴力で世の中を変えていく作戦をとりました。
当時は、白人がバスに乗ってきたら黒人は席を譲らないといけないだとか、黒人が座れない席があったり、混んでいたら黒人が降ろされたり。ひどい場合は黒人お断りのバスがあったりする、そんな時代です。

キング牧師陣営がおこした運動はいろいろありますが、そのなかの一つに、バスの座席を自由に座ったり、運転手や白人の乗客に降りろ、席を譲れ、と「命令」されてもそれに従わない、そういったものがありました。

その名前が、

「フリーダム・ライド(Freedom ride)運動」

だったんです。
最初は、フリーダムライド?どっかで聞いたことあるなあ・・・そんな程度でしたが、あるとき曲を聴いていて「Freedom rider」に気がつきました。

「Freedom rider」は自由人なんていうものではなく、「フリーダム・ライド運動をする黒人」のことだったんです。そして曲がったことが大嫌いな兄が降車「命令」に従わずヒザをうちならしていたら、怒り狂った白人が彼をバスから引きずりおろし、銃で撃ち殺してしまう・・・そんな歌だったんです。「弟たちが自由になった」のは、兄の尊い犠牲によって黒人がバスに自由に乗れるという「権利」を勝ち取ったということだったんです。

これらに気がついたとき、全身に電気が流れるような気がしました。なくしていたパズルの1ピースがスパッとはまったような、そんな気分です。この曲は、最初の出会いよりも二度目の出会いがあまりにも劇的で、心に響きました。今では生涯の中で心に響く歌ベスト5のうちの一つです。

有名どころですが、THE BLUE HEARTSの「青空」も好きです。

運転手さんそのバスに 僕を乗っけてくれないか
行き先なら どこでもいい
こんなはずじゃなかっただろ 歴史が僕を問い詰める
まぶしいほど 青い空の真下で


まさにこれは、バスに自由に乗れない黒人のことです。また、カッコつけた騎兵隊がインディアン(ネイティブアメリカン)をピカピカに光った銃で撃ち殺したり、『生まれたところや皮膚や目の色で いったいこの僕の何がわかるというんだろう』という歌詞もあるとおり、人種差別のことを歌った曲です。


みなさんは、心打たれる歌に出逢ったこと、ありますか。
みなさんの心打たれる歌を、ぜひ聞かせてください。

記事が面白かった、参考になったという人はクリック(ランキング投票)をお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いい文ですね
こんにちは。
マイノリティということに関しては人種、環境いろいろと混ざりあったその人の背負うものがありますね。
とりわけ単一民族の日本人である私は平和ボケでどうしようもないですが。。

音楽や文章は時を超えて人種を超えて響くもの、その人に何かが感じられたのだからそれはすごいことですね。
サイモン&ガーファンクルのこの曲聞いてみたいです。
私の忘れられない大好きな曲はルー・リードの「ワイルドサイドを歩け」です^^
あの歌詞、すごいことをさらりとゆるく歌っています。ご存じですか?
いろんな方がカバーで歌ってますがやっぱり本人が一番。涙がでるというジャンルじゃないですが、思い出深くていつ聞いても飽きない曲です。(「コニー・アイランド・ベイビー」は泣けてくる名曲ですが)
昔ライブにもいきましたよ!

ZYZYさん
文や内容が面白いです。なにか通じるもの有りで週末読ませていただくのが楽しみになりました。
またきます。今度韓青行ってみたいですね
(なんちて)
2005/04/29(金) 13:49:34 | URL | krio #O8F7qbgM[ 編集]
剛速球とスローカーブをおりまぜます。
「ワイルドサイドを歩け」は今度聴いてみたいと思います!
ネットで検索して文章を追う限りでは、非常に個性的でユニークな一曲のようですね。
「涙」までいくとちょっと大げさですが、この曲は自分の価値観に影響を与えたとか、これは自分にとって心の中のテーマソングです、というような一曲はきっとほとんどの人が持っているんじゃないかと思います。

熱いこと書いても空回りするのでは?みんな見てるのかな?といつもドキドキしていますが、読んでくださる方がいてコメントをいただけると、とても励みになります。これからもユルいのとアツいのを混ぜながらやっていきますので、見てあげてください・・・


それでは韓青に是非!と行きたいところですが、krioさんが関東圏の人でしたら7月末に私たちが主導してつくっているお祭りが東京で行われるので、遊びに来てください。民族舞踊・楽器、焼肉やチヂミの出店など楽しいですよ。
そのうちジブロで案内します。
2005/04/30(土) 09:21:46 | URL | ZYZY #GzvTJWb.[ 編集]
そういえば。。
最近のいい曲ではBeckがありました!「エターナル・サンシャイン」という映画のエンディングに流れた曲です。
「Everybody's Gotta Learn Sometimes」
という曲で、この映画を観たらラストに彼の声がものすごくはまっていてファンにとっては目頭が熱くなる曲です。Beckの1曲のためにサントラ買おうか?悩むところです。
剛速球もスローカーブも受け止めますよ~!楽しみだ!
韓青にはそういうイベントもあるのですか?私は関東圏在住です。もし行けたら実現したいですね。ご案内をお待ちしています^^
2005/05/01(日) 12:35:32 | URL | krio #-[ 編集]
お試しでどうぞ
Simon & Garfunkelは大好きなアーティストで、私は全曲集(CD6枚組)持っています。『He was my brother』なんですが、日本の曲名は「私の兄弟」だそうです。
http://cnt01.labelgate.com/omgx2/player/MQ2/
ここで再生ソフトをダウンロードしたあと、
http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=10&id=srcs9854
ここで視聴できます。
krioさんが紹介してくださった曲の視聴は見つかりませんでした・・・残念。
2005/05/01(日) 19:38:42 | URL | ZYZY #GzvTJWb.[ 編集]
よろしければ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001IXU1W/ref=pd_sims_dp__2/250-2599414-5713054
↑アマゾンにて米版サウンドトラックには試聴ができそうです。
もしご興味があればどうぞ。

ごめんなさい。MQ2ですが私のPCはMACなのでDLすることができませんでした。残念です。。!
2005/05/01(日) 21:51:25 | URL | krio #/KhlWUHQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。