日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「これは何?」を覚える。
0076s.jpg

とある人がアフリカかどこかの国に一人で飛び込んだ時のお話です。詳しい中身を忘れてしまったので若干脚色されていることをご了承ください。

ある人が、とある部族の集落に向かいました。もちろん現地のことばなんてまったく分かりません。
現地の人からすれば、異文化圏の人が来たのでものめずらしさもあると思います。しきりにカメラを指差して何か言ってきています。でも何を言っているのやらさっぱりです。
でもよく聞いてみると、みんなが同じようなことを言っています。「もしかしたら、『これは何?』って言ってるんじゃないのか?」そう思った彼は、まわりの物を手当たり次第に『これは何?』と思われることばを言ってみたところ、現地の人たちそれぞれ物によって違うことを言っていました。
ああ、カメラに向かって『これは何?』って聞いてきていたんだな、だから物によって違うことを言ってるんだ。そう気づいた彼は、周りのものの名前を聞きまくることでその部族のことばの習得のきっかけをつくったそうです。

「~です」「~ですか?」「~は」「~が」の使い方さえ理解すれば、あとは単語を覚えていくだけでたくさんの会話が出来るようになります。というわけで、昨日の授業では、わかりやすい単語を使いながら会話をしていきました。

私:이것은 김치입니까?「これはキムチですか?」

受講生:아뇨,이것은 책상이에요.「いいえ、これは机です」

・・・ベタベタですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。