日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
枯れるまで泣け! -ラスト・プレゼント-
0152s.jpg
ラスト・プレゼント

선물 (ソンムル) 贈りもの

※DVDをレンタルして見ました。


とにかく泣かせます。韓国ではこういったほとんどの人が泣いてしまうような映画を「催涙性メロ映画」というそうですが、この映画はまさにそれです。まるで人を泣かせるためにあるような作品です。「泣く子も黙る」ならぬ、「黙る子も泣く」映画です。
もう私は、パブロフの犬並に『ちゃらら~ら~~』と例のメロディが流れるだけで条件反射的にピクピクきます。
ZYZY的催涙映画の二大巨頭のひとつです。もうひとつは「手紙(ピョンジ)」という映画なんですが、コイツは日本ではDVDで出ていないんですよ。いい映画なんだけどな~。今からでも出ないかな~。

売れないコメディアン、ヨンギ(イ・ジョンジェ)と彼を支える奥さんジョンヨン(イ・ヨンエ)のお話。ヨンギは何とかしてでも売れっ子になろうと必死で、ジョンヨンはベビー服のお店で家計を支えながらも、夫に内緒でプロデューサーに単身売り込みに行ったり。またヨンギも自称プロデューサーの詐欺師(クォン・ヘヒョ)に乗せられ、お金を騙し取られそうになる。そのころジョンヨンの身体に異変が・・・

「JSA」「春の日は過ぎ行く」最近ではドラマ「チャングムの誓い」が好評のイ・ヨンエが気丈で健気な奥さんを演じています。菅野美穂が何じゃい。(笑)
正直言うと、JSAを見て以来のイ・ヨンエFANとしては、最初この映画を見た時、「普通の人っぷり」にちょっとがっかりしたものです。ですがラストに入るあたり、そして2回目に見た時から、なんて美しいんだこの人は!と惚れ直しました。
「イルマーレ」「黒水仙」「オーバー・ザ・レインボー」のイ・ジョンジェも奥さんを愛しながら何も出来ない苛立ちと苦しみ、そして愛をうまく演じています。

名脇役といえば詐欺師を上げる人も多いでしょう。陣内孝則に似ているクォン・ヘヒョですが、日本版ドラマでは詐欺師が陣内孝則でした。まだ見ていませんが、ハマリ役っぽいですね。

ネタバレになってしまうので最小限にしますが、私が一番泣けるシーンは、最後のほうもそうですが、写真を撮りに行く場面です。『反目』から『家族』へ、『親なし』から『娘』へ、『憎悪』から『愛情』へ・・・
いろいろな思いが渦巻く場面です。

この映画は、個人的にはとってもオススメです。見る人から見れば「ありがちな韓国映画」なのかもしれませんが、良いものは良いんです。
日本版のドラマから入った人も、ぜひ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
泣くのもいいことです
こんにちはお久しぶりです。
今週早かった。。忙しかったです。
再来週には授業参観日があるのでもー今から頭ハゲそーです(ド緊張で)。

これ、まだ未見なんです。泣ける映画っていったら韓国映画では私は8クリ=「8月のクリスマス」です。最期のハン・ソッキュのモノローグと自分で撮った写真が出てきたらもう最期です。なんだか嗚咽してしまう(笑)
「春の日は過ぎゆく」もいいですねー。大好き。ラストの曲が大好きです。(あれはユーミンが作曲してるらしいですね)

泣くのは体の悪いものが出てくると思ってるので、私はあえて泣けるものを見たりもします。すっきりしますから。
2005/06/18(土) 12:24:43 | URL | krio #-[ 編集]
8クリも
返事遅くなってごめんなさい。

八月のクリスマスも好きですよ。
最後のほうの、自分で写真を撮るシーンなんか・・・

あとは、アメリカ映画(たしか)ですが、大泣きとまでいかないまでも小泣きしたのが「夏休みのレモネード」という、子どもが主役の映画です。

ちなみに私は、意外と子ども出演映画好きです。「裸足の1500マイル」とか、「少女ヘジャル」とか。
2005/06/27(月) 14:43:21 | URL | ZYZY #GzvTJWb.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/09/25(日) 14:30:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
監督:オ・ギファン  出演:イ・ジョンジェ イ・ヨンエ  2001 DVD  公式サイト  8点 毎回号泣の催涙系ラブストーリー   少し前に日本版リメイクのテレビドラマを観たので、原作であるこの作品をまた観たくなった。もう何度も観ているけれど、や
2005/07/03(日) 21:30:04 | シネまだん
ヨンギは才能はあるが、なかなか芽の出ないコメディアン。妻のジョンヨンは、そのなヨンギの才能を誰よりも信じ、細々ではあるが、子供服の店を経営しながら、夫を支えていた。2人は
2005/09/09(金) 15:09:18 | 映画のセリフで口説いてみない?(女性版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。