日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
入門班・第二回。
今日(正確には昨日)は、習いたての受講生に対し、一気に母音を覚えさせる!

ちょっとでも習った事のある人ならおなじみの、
『ア~ヤ~オ~ヨ~オ~ヨ~ウ~ユ~ウ~イ~』
ってやつです。
赤ちゃんや小さい子供だったら、ことばはたくさん聴くことで耳から覚えていきます。大人も、理想的には同じかもしれませんが、年齢やアルコールによって知識を吸収する力が衰え始めている大人は、そうもいきません。ただ、逆に言うと大人の利点は、「発音を耳だけでなく理屈との両面で身につける」ことが可能だというところです。
もちろん、理屈が先行しすぎると、文法はよく知っているが会話がままならない学校英語のようになってしまうので、理屈を話した上で、反復演習をキチンとやります。

最後は、追唱?(『しっずかっなこっはんのもっりのかげっから♪』を三人で追っかけるように歌うやつ)形式、しかもエンドレスで徐々にスピードが上がっていきながら読み&暗記の練習です。
『楽しく、まじめに、きちんと身につく』をモットーとしているGhibloの韓国語教室入門班であります。はい。

途中、ACさんが笑いのツボに入ってしまい今後の行く末が心配されましたが、無事覚えることが出来ました。

次回は子音をガッツリやっちゃいますよー。

私は以前にも書きましたが、中学生相手に塾講師の仕事をしばらくしていたこともあるので、「教える」ということに対しての基礎的なノウハウは身につけているつもりです。授業前は自分なりにイメージトレーニングをして臨みますが、経験がものをいうのは、とっさの「こうしたら楽しく身につけられるぞ!」というひらめきが、授業の準備段階であれ授業中であれ、出せるかどうかだと思います。

教室後は、先週と同じように比較的ハイエンド(年齢的に)な年齢層の青年が残り、とりとめのないお話をしました。

私はテレビをほとんど見ない人だから、やっぱりテレビ話はついていけないや。みんな良く知ってるね・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ジブロさんに教えてもらうと
『楽しく、まじめに、きちんと身につく』
が自分にも身につきそうですね。
私もテレビはあまり見ません。
何しろ不規則勤務ですから、
特に連続してるものは見続けるのが大変で。。。
あ、でも、朝の連ドラはよく見ます。
風のハルカ の主人公を応援しながら、自分も成長したいです。
いつもそんな気分になるんですね。
自分をその登場人物に重ね合わせるのです。何を見ていても。
2005/11/17(木) 16:11:11 | URL | 瑞穂 #KgDo1ClA[ 編集]
まず教える側が楽しむ。
瑞穂 さん
そこらへんの語学教室には負けませんよ~。(メンタル面で)

真紀 さん
受講生さんいらっしゃ~い
コメントありがとうございます!
講師としましては、毎週「次も行きたい」と思い続けるように努力しまっす。
2005/11/18(金) 22:55:28 | URL | Ghiblo #GzvTJWb.[ 編集]
ゴメンナサイ
真紀さんのコメントを間違えて消してしまったようです。申し訳ないです。
懲りずにまた書いてくださ~い(笑
2005/11/19(土) 21:24:05 | URL | Ghiblo #GzvTJWb.[ 編集]
なるほど
真紀さんて誰だろうって思ってました。
そういうわけだったんですね。
管理者って削除できるんですものね。
ここはコメントの返信という形にはなれないんですよね?
2005/11/19(土) 22:18:32 | URL | 瑞穂 #KgDo1ClA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。