日本で生まれて日本で育った在日韓国人3世として、普段考えていること、面白いこと、興味を持っていること、みんなに知ってほしいなぁ~と思うことなどを交えながら、ブログを使って発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
オアシス 二人だけにしか届かない、二人だけの世界。
4316a517b6f12.jpg新年なので、映画見てみました。
と言っても、実はこの映画2度目です。

オアシス

重度の脳性まひの女性と、前科3犯(うち一つは・・・ですが)の男性が出会い、惹かれ、二人だけの世界を築いていく物語です。
ソル・ギョング、ムン・ソリの『ペパーミント・キャンデイー』コンビが名演しています。あ、監督(イ・チャンドン)もそうだからトリオですね。

ヴェネチア映画祭で監督賞、ムン・ソリが新人俳優賞を受賞するなど、国際的にも評価が高いようです。
突然ですが、一番好きなシーンは、『내가 만일(私がもしも)』が歌われる場面です。
二人以外が絶対にたどり着くことのない、二人にしか感じられない、二人にしか見えない世界。
これこそまさに恋愛なのかな、と思いました。
この映画を見て、この曲が好きになりました。歌ってるアン・チファンは民衆歌謡出身ですしねー。

00275559_2.jpg

脳性まひの女性を演じたムン・ソリの演技ばかりが注目されがちですが、ソル・ギョングの世間とちょっとずれた価値観を持った、前科3犯の男も名演です。第一この女性が誰の娘か知っていて会いに行く、兄貴のお客さんの車を拝借してデートに行くなど、常識的には考えにくい行動をとっちゃいます。シリアスもおふざけも演じる彼、さすが「カメレオン俳優」と呼ばれるだけのことはある?

どう考えてもそのカッコは寒いだろ、という男性の登場シーン、そして障害を持つ女性の登場シーン。見る側が想像しえない行動をとる彼女。現実なのか非現実なのかの境界があいまいで、だけどそれがまさに世間から疎まれがちな二人にとっての現実なんだ。気がつくと、自分(見る側)もそれが自然な現実なんだと感じるようになっている。その時点ですでに見る側も二人の世界に取り込まれている。

主人公が障害を持っている云々ではなく、二人の世界をのぞき見るくらいの気持ちで見てください。

一部物議をかもしているらしいですが・・・

・部屋の中で二人が踊るシーン(演出がチープ?)
二人だけの世界だからこそ素朴なわけで、あれでオッケーなんです。

・淡々とした一番最後のシーンとスタッフロールの明るい音楽

別れて暮らすことになっても、二人だけの世界を二人が持ち続ける限り、決して永遠の別れではない、だから寂しい終わり方にはならない、そんな風に捉えています。

ネタバレしすぎでゴメンナサイ。でもホントいい映画ですよ。

個人的には恋愛モノとしてオススメします。
4316a517b6f11.jpg


あそうだ、今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハッピーエンド(^^♪
別れて暮らすことになっても、二人だけの世界を二人が持ち続ける限り、決して永遠の別れではない、だから寂しい終わり方にはならない、そんな風に捉えています。

→いいですね。
 私の好きだったドラマの終わり方と似ている感じです。
違う生き方をしていても一緒にいられるときを願いながら別れる恋人の話でした。

2006/01/03(火) 12:54:49 | URL | 瑞穂 #KgDo1ClA[ 編集]
実のところ、そんなにハッピーエンドってカンジでもないんですけどね。

大きめのレンタル屋さんに置いてあるはずなので、お時間ありましたらどーぞ。
2006/01/05(木) 19:25:45 | URL | Ghiblo #GzvTJWb.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近、仕事が忙しくて映画や読書など、このブログに書きたいようなネタが欠乏中そこで過去を振り返るという荒技です!04年の10月くらいのこと仕事もヒマだし映画でも見るかな~とヤフーの映画のページを見ていたときたまたま「この映画に出会えて良かった」的な....
2006/01/31(火) 14:43:40 | R●O'S NIGHT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。